MENU

雑誌に載っている予防クリームは高い!市販じゃダメなの?

市販の妊娠線予防クリームではダメ?

雑誌に載っている妊娠線予防クリームは値段が高いのがネックですよね。毎月こんなに支払えない、家計に負担がかかるからドラッグストアや薬局に売っているような市販のボディークリームで代用しちゃだめなのかな?と気になる妊婦さんも非常に多いです。

 

市販のボディークリームで代用OKの人と代用しない人がいい人の差は、「肌の乾燥具合」と「妊娠線をどれだけ作りたくないか」によるでしょう。

妊娠線を絶対に作りたくない人は?

妊娠線予防クリーム

当然、絶対に妊娠線を予防したい!という人はベルタマザークリームのような専用の妊娠線予防クリームを使用しましょう。

 

というのも妊娠線予防のために作られたクリームは皮膚の内部に浸透し、肌に亀裂が入らないようにコラーゲン繊維を作って肌の弾力を生み出してくれます。

 

皮膚の下を「おせんべい」状態から「グミ」の状態にしておくことができます。

 

専用のクリームを使ったら妊娠線を必ずしも予防できるかと言うと100%と予防できるとは言い切れません。専用のクリームを使用しても使い方、体質によってはできてしまうこともあります。

 

ただ、市販のボディークリームを使用した時と比較すると妊娠線ができてしまう可能性を圧倒的に低くすることができます。

市販のボディークリームで代用してもOKな人

過去に妊娠、出産経験があり妊娠線ができなかった人

多少妊娠線ができても構わない人

急激な体重増加を防げる人

 

が該当します。

 

妊娠線は急激に体重が増加すると皮膚の伸びが追いつかず亀裂が生じます。

 

そのため体重管理がこまめにできる方、太らない体質の人は妊娠線を予防できる可能性が高いので代用クリームでもOKと言えるでしょう。

 

妊娠線をどれだけ作りたくないか、どれだけの費用を出費できるかの違いにもよりますが、最終的には自分が満足のいくケアをすることが大切です。